読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべては潜在意識のなせる技

前回は、

朝に魔法の言葉を500回唱え、それからポノをする、という生活を送っていましたが、この<魔法の言葉>を唱えることが、けっこうきつく、この魔法の言葉とやらを唱えるのはやめてしまいました。

 

何がきついのかというと、口に出してブツブツ言葉を唱えている自分を非常に馬鹿馬鹿しく感じたり、こんなに一生懸命やって、何にも効果がなかったらどうしよう、と、とても不安になってくるのです。

 

自分の頑張りに実がならなかったときの落胆を、人生の色んなケースで経験していますから、これ以上心に負荷をかけたくない、という気持ちがありました。

 

それから、魔法の言葉に関しては、とにかく怒ってはいけないとのことで、毎日仕事で主人とバトルしている私には、怒らないというのは不可能な事なのでした。

 

さて、ポノですが、ちゃんと続けています。

今のところさしたる効果を感じませんが、心の中で「愛しています」と唱えることは、私の中でしっかりと身についた習慣となりました。

 

私がなぜ、ポノをやめないのかというと、この方のブログに触発されたからです。

http://oponopono.sblo.jp/article/69028262.html?reload=2013-06-15T02:34:55

 

リストラ寸前だったのに、今じゃ会社でなくてはならない存在となり、様々な円滑現象を起こしていらっしゃる。この方はとにかくマントラのようにポノっているようです。

 

しかも、セミナーに行っていないのはもちろんのこと、ポノ関連の本は3冊しか読んでいないという(笑)

 

それでこの効果は凄いです。というか、だから良かったのかも、と私は思っています。

 

こういう方もいて、やっぱり疑問が出てくるのですが、効果がある人とない人の差は何なのか?!

 

常々思っていたことでしたが、私の中で確信した事があります。

 

それは、<すべては潜在意識にかかっている>。この一言に尽きるのではないか、と。

 

私はポノを始めたとき、効果を感じた人の声を聞きたくて、ネットで色々調べました。

 

そこには、効果がないという人もいました。

 

ポノの本もたくさん読みましたが、効果がないと嘆いている人の話もでてきています。

 

「じゃあ、絶対的なものではないんだ・・・」私の中に、ポノに対し半信半疑な気持ちが生まれ、それを覆したいがためにさらに色々調べたり、本を読んだりしましたが、効果のない人はやはり存在します。

 

そこで、ポノに対する効果への不安は決定的になりました。

 

わたしの潜在意識は、ポノは「絶対的なものではない」という強い思いが刻まれてしまいました。

 

前述のブログの方は、私ほど色々調べたりしていないようですし、とにかく実践あるのみでポノ生活を続けておられたようです。

 

このかたはとにかく念仏のようにポノっているようですが、私がウニヒピリという本を読んだ中で、ひたすら唱えても意味がない、というkR女史のコメントを読んでしまいました。

 

そこでまた、私の中に「念仏のごとく唱えても意味がないんだ・・・」という思いが潜在意識に刻まれるわけです。(実際は念仏のように心の中で唱えていますが)

 

そう、すべてはこの潜在意識が人生を決定付けているのではないか、そう思うようになってきました。

 

そう思っていた中、<原典ホ・オポノポノ>という本に出会いました。

 

ヒューレン博士は「最たる悪書、読んではいけない」などと言っておられるようですが、なんのなんの、この著者がいなければ、現在のオポノポノは存在しなかったでしょう。

 

この本に、潜在意識がいかに人の人生を左右するか、というより、すべては潜在意識にかかっている、というようなことも書かれており、また、潜在意識にきちんと暗示をかける方法も丁寧に教えられております。

 

ポノは、何も期待してはいけない、人生に計画を立ててはいけない、と言っています。

 

しかし、この本は違います。

 

少し抜粋します。

 

「人生についてたびたび考え、したいこと、実現させたいことを<正確に>言葉にする時間をとることが極めて大切である。感情的な人(ウニヒピリが働きすぎている人)は、計画をたびたび変更し、願いも頻繁に変えてしまうため、計画と願望と不安の入り混じった念体が生じ、ハイセルフは入り混じった未来を作らざるを得なくなる」

 

私はもうクセで、マントラのようにポノっていますが、この本では、4つの言葉を唱えることはしなくてもよく、読者特典の上級ホ・オポノポノ(PDF)を実行すればよいみたいです。

 

本にはこちらも特典の自己暗示方マニュアルもついています。

 

著者は自己破綻に追い込まれていた経済状況を打開し、自分の未来を変えています。

それはハワイのカフナによって癒され、導かれたようですが、一般人にも、カフナに頼らずとも、祈りの作成の方法、願いの成就のための方法をわかりやすく公開しています。

 

私はすぐにでも実践したいところですが、なにせ、時間がない・・・。

12のステップもまだできていません。

 

ポノの原点を知りたい方、ポノの効果に疑問を抱かれている方は、この本を是非読まれると良いでしょう。強くお薦めします。