読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

段階

私はポノをはじめて一年ちょっと、スターターとなんら変わりはありませんが、僭越ながらポノについて私の経験を書かせていただきます。

 

ポノには、私の場合は段階がありました。

 

私は、以前は主人のことが憎くて憎くて、そして結婚への後悔が断ち切れなくて、ずっと苦しんでおりました。

 

ポノを始めてすぐは、自分にとって良いことが起こります。(主人への思いは変わらない)

でも、すぐに嫌な出来事が襲ってきました。

 

その間、主人への憎悪がマックスにいたり、怒りで絶叫したくなるほどの思いが頭を占拠します。

 

暇なお店への不安で毎日、鬱状態でした。

 

ポノによって、不安定なお店の状況をなんとかしたい。ポノにすがっていました。

 

ポノは休み休みでした。あまりにも心身ともに辛く、早く楽になりたくて、途中で他のメソッドに浮気なぞしながらも、ポノを断続的に続けていました。

 

ポノっているときは、効果を期待して、がむしゃらに念仏のようにポノっていました。

 効果を期待しながらも、何の変化もないんじゃないか、、、というポノへの猜疑心と不安が募ります。

以上が第一段階です。

 

その後、主人への思いが緩やかに変化していきます。

それでも、時に非常に大きな憎しみが襲ってきますが、以前のように長時間続きません。

憎しみの振り子のふり幅が、小さくなっていきます。

この間、お店の状況などは、特別に変化はみられません。

しかし、お店を繁盛させたい、という強い思いと執着が薄れていきました。

 

以上が、第二段階です。

 

今現在、私は主人に心から感謝しています。

主人を大切にしようという思いが発生し(←以前はもちろん皆無だった)できるだけサポートするよう努めています。

お店は今、とても忙しいです。この状態は最近ですので、偶然かもしれません。

ウニヒピリをケアするようになりました。

今は、ポノは習慣となり、効果を望むと言うよりは、記憶を消去しているという感覚です。

第一段階では、とにかくポノによる効果を期待していましたが、神格に任せていこう、という気構えへと変化しました。

 

がむしゃらにクリーニングをすることはなくなりました。

 

出来事、物、感情、思い、それらひとつひとつ丁寧にクリーニングするようになりました。

以上が第三段階です。

 

 

ウニヒピリをケアするようになってからは、期待や希望への執着が激減しました。

 

ヒューレン博士が「期待がクリーニングを妨げる」と言っていましたが、

 期待が薄れてから、お店が忙しくなってきたように思います。

 

それから、お店に毎週来られる男性のお客様がいるのですが、その方は、会社で理不尽かつ理解不能な言動をする部下に半年以上苦しめられており、鬱状態でした。

話を聞くと、それはそれはひどいものでした。

その部下は女性だったため、上層部に訴えても我慢してくれと言われたそうです。

時に、真っ青な顔で来店するので、本当に心配していたのです。

 

それが、ある日突然、その部下が「今まですみませんでした」と謝ってきたというのです。そのお客様が部下に何かを働きかけたわけではありません。本当に突然だったようです。

 

それも、第三段階で起こったことです。私の姉も、購入する家を探しており、なかなか見つからないでおりましたが、つい最近、破格の金額で購入することができました。

 

このように、周囲の変化もみられるようになりました。

 

かなさん、いつも同じことを書いて申し訳ないのですが、私も伴侶に対しかなさんと非常に近い感情をいだいていましたから(私は殺意さえありましたから、私の方が、主人への嫌悪感は大きいと思われます)心情お察しします。

私の経験の通りにクリーニングが進んでいくとは断言できませんが、例え途中でやすんでも、クリーニングを続けていくことは、とても重要だと思います。

 

今はお辛いでしょうが、私もそのような時期が長く続いていました。効果への不安も大きかったです。

 

効果への期待が薄れていくと、色々変化があるように思いますが、それも、段階です。

じゃあ効果への期待が薄れていくようにと願うかもしれませんが(^^)そう思ったら是非クリーニングしてくださいね。